管理業務主任者(管業)の試験の全貌:合格率や難易度など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
管業試験概要
管理業務主任者、通称「管業」についての解説です。まず概要を確認し、勉強方法を調べて対策を立てましょう。

 

 

管理業務主任者とは

「管理業務主任者」とは、マンション管理業者が管理組合等に対して管理委託契約に関する重要事項の説明や管理事務報告を行う際に必要な国家資格者のことです。
「管理業務主任者」となるには、管理業務主任者試験(以下「主任者試験」という)に合格し、管理業務主任者として登録し、管理業務主任者証(以下「主任者証」という)の交付を受けることが必要です。

 

つまり、マンションの管理契約をするときに、マンションの管理会社が必ず置かなければならない人のことです。
マンション管理会社は、管理する組合が30に対して、一人の専任である管理業務主任者を置かなくてはいけません。

 

試験概要

 

試験機関

一般社団法人マンション管理業協会

 

受験料

8,900円

試験の日程

受験案内書配布期間 8月1日から9月30日まで

申込期間 9月1日から9月30日

試験 12月の第一日曜日

合格発表 翌1月の第3金曜日

 

受験者数・合格率

管業試験概要毎年2万人前後が受験し、合格点は7割程度・合格率20%超となっています。

出題範囲と各分野の範囲

・管理事務の委託契約に関すること
民法(「契約」及び契約の特別な類型としての「委託契約」を締結する観点から必要なもの)、マンション標準管理委託契約書等

・管理組合の会計の収入及び支出の調定並びに出納に関すること
簿記、財務諸表論 等

・建物及び附属設備の維持又は修繕に関する企画又は実施の調整に関すること
建築物の構造及び概要
建築物に使用されている主な材料の概要
建築物の部位の名称等
建築設備の概要
建築物の維持保全に関する知識及びその関係法令(建築基準法、水道法等)
建築物の劣化、修繕工事の内容及びその実施の手続きに関する事項 等・管理事務の実施に関すること
建物の区分所有等に関する法律(管理規約、集会に関すること等管理事務の実施を行うにつき必要なもの)等・マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること(5問)
マンションの管理の適正化の推進に関する法律、マンション管理適正化指針  等※46~50問「マンション管理適正化法」は、マンション管理士試験の合格者は免除となります。

 

試験期日及び時間

12月第一日曜日 13時から15時までの2時間(5問免除者は、13:10から)

受験資格

なし。どなたでも受験できます。

受験地

北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県、沖縄県

 

コメントを残す

*