宅建試験範囲
宅地建物取引士の試験機関によると、試験範囲は
① 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
② 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
③ 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
④ 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
⑤ 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
⑥ 宅地及び建物の価格の評定に関すること。
⑦ 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。
となっています。でも、これじゃ具体的に何をやっていいかわかりませんよね。
今回は試験内容の詳細を解説します。

続きを読む